理想のオリジナルTシャツを作るためのオーダーのコツ

例えば自分一人だけやチームや組織などでたった一つのオリジナルTシャツを作ってみませんか。興味はあるけれど、どうやって作れば良いのか悩んでいる方もみえるのではないでしょうか。そこで、誰でも簡単に注文できる、オリジナルTシャツの探し方を紹介します。まずは、印刷方法の種類について説明します。印刷業者ごとに様々なプリント方法があります。代表的な3例を挙げてみます。1.シルクスクリーン印刷は版の上にインクをのせてTシャツに圧着させます。色ごとに版が必要となります。2.インクジェット印刷はTシャツに直接プリントします。3.プリントしたいデザインに昇華印刷という技法で転写紙にプリントします。その印刷面をTシャツに圧着させプリントする方法です。主にこの3つの方法でプリント印刷をします。

プリント方法のメリット・デメリットを紹介します

次に、オリジナルTシャツを印刷業者にプリント印刷を依頼する際の注意点を紹介します。プリント方法は様々あると述べましたが、その方法によってメリット・デメリットがあります。1.シルクスクリーン印刷は色ごとに版が必要だとご説明しましたが、版ごとに料金が必要となりますので、最低でも30枚以上の注文が必須です。この方法ですと、蛍光プリントやラメプリントが可能です。2.インクジェット印刷は1枚からの印刷もできグラデーションや写真印刷なども可能です。ただし、何枚プリントしても1枚単価は変わりません。蛍光色や金・銀の印刷はできません。3.昇華印刷は1枚からの印刷やTシャツ全体にプリントすることができます。しかし、ブラックなどの濃色のTシャツにはプリントできません。この様なことを注意してレイアウトしましょう。

オリジナルTシャツを作るためのオーダー方法

プリントTシャツを作る際にアイロンプリントで自作する方法もありますが、失敗や手間暇を考えると専門業者にオーダーした方が、コストも下げることができるかと思います。WEBなどで直接デザインし、投稿依頼できるようなものもあります。クラスなどで統一のオリジナルTシャツを作成するような場合は、無料会員登録をすることによって学生割引が適用されるような業者も見受けられます。またイラストなのか、写真なのか、蛍光色が入るのかなどによってプリントの方法やTシャツの色も変わりますし、枚数によっては割高になることもありますので、あらかじめ見積もりを依頼してから発注した方がよいのではないでしょうか。思い出や団結力を高めるためにたった一つのオリジナルTシャツを作ってみてはいかがでしょうか。